「ノッティングヒルの恋人」の思い出を鑑賞して

「She」っていう歌知ってる?と歌に詳しい友人が教えてくれたのがこの映画を知ったきっかけでした。

それが「ノッティングヒルの恋人」の主題歌。主題歌もお気に入りですが、映画も私の感性にヒットしてしまい、何度もくりかえして見る映画の一つに仲間入りしました。ジュリア・ロバーツはこの映画以来ずっと憧れの存在です。

パートナーのヒュー・グラント以外のキャストは、殆どイギリスの俳優さんのようで、あまり目立つ存在の人はいないけど脇役が控えめだからこそこの2人が際立った映画なのだと思います。

ロンドンの街並や住宅地も魅力たっぷりで、書店や友人宅の玄関、2人が立ち寄った公園などが頭に焼き付いています。

数年前ロンドンに旅行で行った時、やはり映画のシーンが頭に焼き付いていたので、ノッティングヒルあたりまで行き、ポートベロー・マーケットの骨董市を見て歩きました。

撮影現場になった青い色の書店は閉店したと聞いていたけど、もしかしたらあれがそうかな、と思われるお店の写真を撮りました。

実際は違っていたようですが。映画を知らなければ、この通りも歩かなかったと思います。

イギリスの俳優さんたちをたまにドラマや007シリーズでお見かけするのを楽しみにしています。

最新の映画情報はコチラ 無料映画 MOVIEまとめ